今CommonLispを選択する意味はあるのか?

No paren, no life.

 選択の科学をちら見したら、想起のしやすさが選択の重要なファクターらしいっぽい。

選択の科学 https://www.amazon.co.jp/%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%AC%9B%E7%BE%A9-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC/dp/4167901552/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1496827062&sr=8-1&keywords=%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6

 アスペルガーは人を信じて騙されて洗脳されやすい。かと思えば、自分の信念を貫き通したりする。俺は子供の頃にICOTに萌えてPrologを勉強し、Lispの処理系を作って仕事に使ったりもした。だから世間がディープラーニング一色な中でもほとんど投げ売りのエキスパートシステム関係の本とかを買いまくって読んでいる。するとさらにProlog,Lispが想起されやすくなる。そうすると、なんか、「Common Lispでやったら良くね?」とどんどん思うようになる。

 しかし、薬物治療中の俺、そんなすぐには飛びつかないぜ? はたして、今、Common Lispをやる意味があるのか考えている。そりゃCとかC++とかが主流だった頃はCommon Lispの自由さはものすごいアドバンテージだったと思う。でも、Pythonとかでも複雑なデータは辞書とかで扱えるじゃん? はたしてわざわざCommon Lispを使う意味があるのか、ものすごく悩んでいる。githubで検索すると、Common Lispは45000件ぐらい。Pythonは4800000件ぐらい。100倍以上違う!! やっぱ、Pythonでやったほうが絶対楽だよ。この楽さを捨ててでもCommon Lispを選択する、という決断がどうしてもできないのだ。

 俺は関数型言語で結構書いた。F#,Erlangでは相当書いたので、Common Lispでの作法もわかる。でも、変数を定義するのにわざわざLETしなくちゃいけないとか、これ、作る前から設計が頭の中でできていないと難しい。俺にとっては頭をすごく使ってがんばってCommon Lispを書く感じ。Pythonは適当にキーボードを打っていると形になる。たぶん、俺の脳みその中はCommon Lispでは動いていないのだ。Pythonみたいなオーソドックスな手続き型言語みたいな感じなんだと思う。もし、今、わざわざCommon Lispを選択する人は、脳みその中がCommon Lispで動いている人なんだと思う。残念ながら俺はそうじゃない。これが悩み抜いた末にたどり着いた俺の結論なんだけど、それでもなおCommon Lispを使ったほうが利点があるよ! というのがあったらぜひ知りたい。